譲治のゴミ箱

メインブログでは書けない事が中心のサブブログ

はてなブックマークについて思うこと

 

PC

はてなブックマークの功罪

はてなブックマークの機能は素晴らしいと思う。この機能こそが「はてな」が他の無料ブログサービスに追従を許さない要因だと思う。

 

だけど今回はそんなメリット尽くしの「はてなブックマーク」の功罪について考えてみた。 

記事の質とブックマーク数に相関関係がない

自分が他のサイトの記事の質を図る指標として、ブクマ数がある。ブクマ数が多ければ多いほどその記事が読む価値がありそうだと判断できるためである。

 

でもたまに「なにこれ?」と思うような記事に数百以上ものブクマが付いていたりする。これはおそらく自分の感覚が他の人とは違うだけなのでそれほど問題ないのだが、ブクマ数だけでは評価の限界があるのだと感じる。

内輪ノリ

内輪で盛り上がっているような記事がある。別にブロガー同士の交流が悪いわけじゃないし、もっと積極的に仲良くするべきだと自分は思う。けれど果たしてそれはブログ上でやるべきこと? と感じてしまう。

 

偉そうではあるが自分は限られた時間を割いて記事を読んでいるのに、全く意味のない記事に出会ってしまうと時間を無駄にした気分になってしまう。

 

以上です。まだまだありますが、今日はこの辺で。ちょっとdis系の記事になってしまいました。すみません。