譲治のゴミ箱

メインブログでは書けない事が中心のサブブログ

ブログ1記事あたり1000文字を目指してたけど、やめた。

1000

1記事あたり1000文字以上!

よくこういう文言を見かけますよね。

 

Googleから評価してもらうためには質の高い記事を書く必要があります。質の判断基準は分かりませんが、一つには文章量が評価されるらしいです。

 

短い記事よりも長い記事の方が検索順位は優遇されるはずだから、目安として1000文字以上書け!

ということらしいです。

 

自分はブログを開設した当初から、できるだけ1000文字以上書くように心がけてきました。しかしこの試みが本当に意味があったかは分かりません。

 

中身のない記事を延々とだらだら1000文字書くのはとても苦痛でした。読者側にとってもどこが伝えたいことなのか、よくわからなかったと思います。

 

だから僕はもう、1000文字の縛りを捨てました。だらだらしてごちゃごちゃした文章よりも、スッキリと簡潔にまとまっている方が絶対良いと思ったからです。

 

一番重要な事って読者のためになる記事だと思うんです。

 

僕は記事を書く際に他のサイトをチェックしていますが、数百文字の記事でも検索順位1位を独占している例をいくつか見てきました。

 

だから文字数を無理に増やそうとしなくても、意味のある記事を書けばきっと報われる日が来ると考えています。

 

今日はそんなところです。